メンタルヘルスの問題回避にはこまめな面談を

メンタルヘルスの問題がクローズアップされています。
労働安全衛生法が改正されて事業主にも年一回の従業員へのストレスチェックが義務付けられています。
メンタルヘルスの問題は深刻化すると鬱などの精神疾患を患い、休職を余儀なくされてその間の給与も保証しなければならないので会社にとっては負担し、一度精神疾患になる復職も難しく貴重な人材を失うこともあります。

いくらこちらが労務管理を徹底してこの問題が発生しないように努力しても難しく側面がありますが、この点がメンタルヘルスの問題に詳しい医師に相談した回避したほうがいいです。
その回避方法として一年一度の法定のストレスチェックだけでなく、普段からのカウンセリングのように簡単な面談を行えばいいとのことでした。こうした普段での面談で従業員のちょっとした心身の変化をみて、判断して事態が悪化しそうであれば専門医に相談する方法です。

ストレスは実は人に話を聞いてもらえるだけでも相当和らぐことが多いので普段からのコミュニケーションが大切です。
初期段階で回避できることに素早く対応したがベストですし、問題が発生して事態が悪化したときの会社にとって損失を考量して普段のちょっとした心遣いのある面談を行っておけば簡単に防げる問題なので、事業主として面倒とは思わず行うべき、自分でカウンセリングが無理なら専門の保健師やカウンセラーに定期に来社してももうう制度もあるので利用してみたほうがいいです。